ブログ

伝道掲示版の背景をブログしました。gooブログに移動します

ブログ一覧

蓮の花のような心をもちなさいという平安時代の和歌

松岩寺は八月盆です。お盆に蓮の花の和歌をかかげました。蓮は泥に生えて美しい花を咲かせる。人もそうありたい。でも、清らかな心の蓮なのに、なぜ露を宝玉のように見せるのか。と難癖をつける歌です。詳しくは、gooブログで

2019年07月07日

一点の偽りもなく青田あり

前月(6月)に大徳寺開山・大灯国師の「雨を衣に」の歌を紹介したら、金田一春彦著『ことばの歳時記』に春雨を題材した面白いウンチクがあると教えてくれた知人がいました。そこで、今月は「ことばの歳時記」に載っていた青田の俳句です。詳しくはgooブログで

2019年06月29日

雨を着る

梅雨6月のことばは、大徳寺開山・大灯国師の洒落た道歌をひとつ。詳しくはgooブログで

2019年05月29日

10連休に背を向けたへそ曲がりの言葉

10連休とかでどこかへ出かけるかたも多いでしょう。そこで「どこへも行かない」、どこへ行っても「たいして変わらない」という、へそまがりな言葉を五月のことばとしました。詳しくはgooブログで

2019年04月25日

降誕会のうた

4月8日は花まつり、お釈迦さまの誕生日です。お釈迦さまの生誕で有名な句といえば、「天上天下、唯我独尊」。この句の意味となると難しい。難しいけれど、てっとりばやく教えてくれる会津八一の歌をしりました。詳しくはgooブログで

2019年03月30日
» 続きを読む