ブログ一覧

経文『四弘誓願』には村上春樹の現代語訳もあったのだ

2月はお釈迦さまが入滅された涅槃会(二月十五日)の月です。だから、基本にもどって仏教徒の四つの誓いのことば(四弘誓願)です。原文では工夫がないから詩人の伊藤比呂美さんの現代語訳をご紹介しましたが、意外にも作家の村上春樹さんも翻訳していました。くわしくはここ (gooブログに移ります

2017年02月01日

釈尊 降誕会のことば

釈尊降誕会にふさわしい言葉を経典から引用してもつまらない。禅の語録ではショッキングすぎる。俳句では似合わない。それで、探しあてたのが明治41年に作られた『花まつり行進曲』の一節。ちょっと愉快な一節です。ここ(gooブログに移動します)

2017年04月07日

お盆の願いは

8月は月遅れのお盆です。お盆には「開甘露門」というお経をよみます。「開甘露門」の結句近くに普回向とよばれる一節があります。書き下せば「願わくはこの功徳を以て我らと衆生と皆共に仏道を成せんことを」となります。それだけではよくわからないので、超訳してみました。ここ(Gooブログへ移動します)

2017年07月03日

一大事と申すは

七月に続いて、正受老人の言葉です。正受老人は臨済宗中興の祖と仰がれる白隠禅師のお師匠さまです。でも、白隠は二十四歳で信州飯山の正受庵を後にして生涯再び訪れることはなかった。不思議ではないですか。ここ(Gooブログへ移動します) 

2017年08月30日

あかあかや

鎌倉時代の明恵上人の絶唱です。くわしくはここ(gooブログに移動します)

2017年10月30日